• 航空宇宙

    航空宇宙アルミ材は超高強度の変形アルミ合金であり、幅広く航空工業に用いられた。良い力学性能と加工性能を持ち、溶体化処理後の塑性が良く、熱処理強化効果が良い。一般的に150℃以下に高い強度と粘り強さを持ち、理想的な構造材料である。

    他のアルミ材に比べて、航空アルミ材の強度、硬度、粘り強さ、抗疲労性、塑性など要求が高い。航空アルミ材の重量が軽いので、軽量化効果が顕著であり、鋼材を取って代わり、航空材料の主導地位を持つ。航空設備のアルミ材料の要求が高く、アルミ材の重要なハイエンド応用市場である。アルミ管材、型材、棒材は航空宇宙において幅広く応用された。そのうち、7050アルミ合金は、一番良い総合性能を持つ航空アルミ合金構造材料である。できるだけ離陸時の重量を下げるために、アルミ合金材料は、機体のシートレール、メインキャビンフロアビーム、ウイングラフター、スパーなどに用いられる。国内外の主要大型旅客機のアルミ化率が約70-75%。そのうち、押出型材が約28%を占める。国産航空機の発展に伴い、航空分野におけるアルミ合金材料ニーズが高まる。将来、輸入の見通しが広い。

    航空宇宙分野製品:

    当方は航空宇宙分野の顧客に高性能の2系、7系材質製品を提供する。密度がより低く、剛度がより高く、損傷許容度がより良い。

    当方の製品は下記を含む:

    押出成形のパイプライン、型材。例えば、熱管理システムパイプライン、油回路、シートフレームなど。

    特徴:

    強度、精密度公差、疲労強度、耐腐食性などのカスタマイズした性能要求を満たす。


    トップに戻る
    Baidu
    map