• 軌道交通

    軌道交通アルミ材の応用は、軌道列車の有効な荷重を高め、燃料を節約し、車両メンテナンスコストを削減した。軽量化したので、軌道列車は、高速、曲げ、起伏ルート及び悪環境に良く適応し、運行がより制御しやすく、安定になる。通常、時速250km以上の高速列車は大量にアルミ合金材質を使う。例えば、中国のCRHシリーズの高速鉄道はほとんどアルミ合金材質を使う。

    軌道交通においてアルミ合金材料は幅広く応用され、ルーフ、側壁、床などに用いられ、又は手荷物棚、ドア、ペダル、水タンクなどに用いられる。車体重量と車体密閉性の有効程度を低減するために、350km/h以上の列車車体はシャーシ以外に全てアルミ型材を使用する。都市軌道列車に使用されたアルミ合金車体は、軽量化だけでなく、密封な間隔、耐腐食、美観など特徴を持つ。現在、高速鉄道アルミ合金車体重量が8.5-10トン/台であり、インテリア用アルミ合金材料が約1トン/台である。 

    鉄道輸送製品

    高性能アルミ材の製造経験、長期的かつ持続的な開発投入、より厳格なプロセス制御基準に基づき、当方は軌道交通分野の顧客に対し、軽量、強度と耐久性が優れたアルミ材製品を提供し、車体の構造安全性能を向上させる。

    当方の製品は下記を含む:

    押出成形のパイプライン、型材。例えば、熱管理システムパイプライン、シートフレーム、シャーシコンポーネントなど。

    特徴:

    強度、精密度公差、疲労強度、耐腐食性などのカスタマイズした性能要求を満たす。


    トップに戻る
    Baidu
    map